大原美術館展Ⅱ

北海道立近代美術館 2017年4月22日(土)-6月11日(日)

大原美術館コレクションの根幹ともいえる1920年代を中心に、50作家71点の珠玉の名品の数々をご紹介

 大原美術館は、1930(昭和5)年、西洋美術を紹介する日本初の本格的美術館として岡山県倉敷市に開館しました。創立者は倉敷の実業家・大原孫三郎(1880-1943)。コレクションの礎となったのは、岡山出身の洋画家・児島虎次郎(1881-1929)が、孫三郎の理解と支援を受け、1920年代前半にヨーロッパで収集した作品です。  本展では、1920年代を中心としたヨーロッパと日本の美術をご紹介します。当時、フランス、中でもパリは画家にとって憧れの地であり、世界各国から芸術家が集っていました。日本からも、エコール・ド・パリの寵児と言われた藤田嗣治をはじめ、多くの画家が渡欧しています。日本国内においても、新聞や雑誌などのメディアが発達し、さらに帰国した渡欧画家から同時代の最新情報が直接伝わるようになり、画壇に大きな影響を与えていきます。  大原美術館展が北海道で初開催されたのは2012(平成24)年。2度目となる今回は、大原美術館コレクションの根幹ともいえる1920年代を中心に、50作家71点の珠玉の名品の数々をご紹介します。

主  催
北海道立近代美術館テレビ北海道、北海道新聞社
後  援
北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会、札幌商工会議所、日本経済新聞社
特別協力
公益財団法人 大原美術館
会  期
2017年4月22日(土) ― 6月11日(日)
開館時間
9時30分から17時(入場は16時30分まで)
休 館 日
月曜日
会  場
北海道立近代美術館 札幌市中央区北1条西17丁目 [TEL] 011- 644 - 6882
アクセス
北海道立近代美術館までの地図
【 交通案内】
  • ○ 地下鉄/東西線・西18丁目駅下車、4番出口から徒歩5分
  • ○ JRバス、中央バス/道立近代美術館バス停下車、徒歩1分
  • ○ 駐車場/車でご来場のお客様は「ビッグシャイン88 北1条駐車場」(北1条西15丁目、美術館から徒歩5分)を割引料金でご利用いただけます。 料金120円/20分
  • ※ 美術館利用者を対象とした割引:駐車場入場から20分無料。20分を超える場合は 20分につき120円増し。近代美術館の押印機で、駐車券に押印してください。
  • ※ 障害者割引:精算前にビッグシャイン窓口で、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示すると、1時間無料となります。(上記「美術館利用者を対象とした割引」との併用不可)